プラスチックとリサイクル 5つのはてな Q3 廃プラスチックはどこへ行く?

年間どれくらいの(はい)プラスチックが出るの?

2019年の国内の(はい)プラスチック排出(はいしゅつ)(りょう)は、850万トンです。

そのうち、726万トンが有効(ゆうこう)利用(りよう)されました。

2019年は、(はい)プラスチック排出(はいしゅつ)(りょう)850万トンのうち、85%にあたる726万トンが有効(ゆうこう)利用(りよう)されました。有効(ゆうこう)利用(りよう)(りょう)有効(ゆうこう)利用(りよう)(りつ)ともに徐々(じょじょ)()えています。

(はい)プラスチックの排出(はいしゅつ)(りょう)有効(ゆうこう)利用(りよう)(りょう)

(はい)プラスチックは、こんなに有効(ゆうこう)利用(りよう)されているんだね!

(わたし)たちが出した(はい)プラスチックは、
どう処理(しょり)されるの?

(はい)プラスチックの流れはつぎのとおりです。

家庭から出る(はい)プラスチックは、大きく分けると可燃(かねん)ごみ、不燃(ふねん)ごみ、資源(しげん)容器(ようき)包装(ほうそう))のいずれかとして処理(しょり)されます。処理(しょり)の流れは、基本的(きほんてき)に下の図のようになります(家電、自動車、大型(おおがた)ごみにふくまれるプラスチックはのぞく)。

家庭からでる(はい)プラスチックの流れ(大型(おおがた)ごみ・家電などをのぞく)

どんなプラスチックがどのように分別(ぶんべつ)収集(しゅうしゅう)されるかは自治体(じちたい)によって(こと)なります。
可燃(かねん)」として収集(しゅうしゅう)されたプラスチックも、熱利用(ねつりよう)や発電など有効(ゆうこう)利用(りよう)されている場合もあります。

(はい)プラスチックはしっかり有効(ゆうこう)利用(りよう)されているのね!