プラスチックとリサイクル 5つのはてな Q4 どんなふうにリサイクルするの?

プラスチックのリサイクルってどんな方法(ほうほう)があるの?

プラスチックは大きく3つの方法(ほうほう)でリサイクルされています

資源(しげん)として収集(しゅうしゅう)された(はい)プラスチックは、大別(たいべつ)して「マテリアルリサイクル」「ケミカルリサイクル」「サーマルリサイクル」の3つの手法(しゅほう)でリサイクルされています。

マテリアルリサイクル

どんなリサイクル?

プラスチックを()かして、もう一度原料(げんりょう)として使う

なにができるの?

作業着、ベンチ、建築(けんちく)資材(しざい)繊維(せんい)、シート、ボトル、文具など

ケミカルリサイクル

どんなリサイクル?

化学工場や製鉄所(せいてつしょ)原料(げんりょう)として利用(りよう)する

なにができるの?

鉄を作るときの還元(かんげん)(ざい)や、化学製品(せいひん)原料(げんりょう)、ガス、油など

サーマルリサイクル
(エネルギー回収(かいしゅう)

どんなリサイクル?

()やして(ねつ)回収(かいしゅう)しエネルギーとして利用(りよう)する

なにができるの?

固形(こけい)燃料(ねんりょう)、原燃料(ねんりょう)、温水(プール、浴場(よくじょう))、暖房(だんぼう)、電気など

どんなものにリサイクルされているの?

(はい)プラスチックからこんなものができます

マテリアルリサイクルからできるもの

(はい)プラスチックを原料(げんりょう)に、パレット、土木用建築(けんちく)資材(しざい)、工業用品などが作られています。一方、家庭などから出される使用済(しようず)みプラスチック(ペットボトル、発泡(はっぽう)スチロールなど)は、繊維(せんい)製品(せいひん)包装(ほうそう)資材(しざい)、ボトルや文房具(ぶんぼうぐ)、日用品などに()まれ()わっています。

ケミカルサイクルからできるもの

写真は、ガス化によってできた化学工業原料(げんりょう)から繊維(せんい)製品(せいひん)肥料(ひりょう)再生(さいせい)した(れい)です。このほか、製鉄所(せいてつしょ)還元(かんげん)(ざい)として使用したり、コークス・炭化水素(すいそ)油・コークス()ガスなどの燃料(ねんりょう)としても使われています。

サーマルサイクルからできるもの

(はい)プラスチックと古紙(るい)原料(げんりょう)にRPFという高カロリーの固形(こけい)燃料(ねんりょう)を作り、製紙(せいし)工場などで石炭代替(だいたい)燃料(ねんりょう)として利用(りよう)しています。また、(はい)プラスチックをふくむごみの焼却(しょうきゃく)時に出る(ねつ)で発電したり、温水プールや暖房(だんぼう)などに利用(りよう)しています。

ごみ焼却(しょうきゃく)発電と熱利用(ねつりよう)のしくみ

(はい)プラスチックは紙ごみの(やく)3倍の発熱(はつねつ)(りょう)があります。高い発熱(はつねつ)(りょう)をもつプラスチックをふくむごみは貴重(きちょう)なエネルギー(げん)として、今後、ますますその有効(ゆうこう)活用が(のぞ)まれます。

一番環境(かんきょう)にやさしい方法(ほうほう)はどれかを考えて、リサイクルのやり方を(えら)ぶことが大切なんだね。