PART3プラスチックのリサイクル

24 ペットボトルのリサイクルプラスチック図書館

ペットボトルの販売(はんばい)(りょう)とリサイクル(りつ)

ペットボトルの販売(はんばい)(りょう)は、2019年度には59万3千トン、販売(はんばい)本数は245(おく)本になりました。
ペットボトルのリサイクル(りつ)は、国内で(さい)資源(しげん)化された分と海外で(さい)資源(しげん)化された分をあわせると、2019年度は85.8%になっています。

ペットボトルの販売(はんばい)(りょう)、国内・海外(さい)資源(しげん)(りょう)およびリサイクル(りつ)のグラフ

出典:PETボトルリサイクル推進協議会「PETボトルリサイクル年次報告書2020年度版」

ペットボトルのリサイクルの流れ

リサイクルをスムーズに行うために、つぎのことを心がけましょう

  • ペットボトルのなかみは(かなら)ずなくす
  • きれいに(あら)
  • キャップをはずす
  • ラベルをはがす(ラベルがはがしてあるほうが、リサイクルしやすい)
  • つぶす(横にしてつぶしてあると、かさばらない)

1(かく)家庭から収集(しゅうしゅう)場所へ、
分別(ぶんべつ)して出す

2自治体(じちたい)分別(ぶんべつ)収集(しゅうしゅう)

3選別(せんべつ)

キャップやラベルなどのちがう種類(しゅるい)樹脂(じゅし)金属類(きんぞくるい)を取りのぞく

4圧縮(あっしゅく)

保管(ほかん)運搬(うんぱん)しやすいように、()しつぶして小さくする

5保管(ほかん)

ヒモでひとまとめにしたベール品として保管(ほかん)

再商品化事業者 ペットボトルを原料にもどす

6選別(せんべつ)

色つきボトルや(ほか)材料(ざいりょう)のボトルをより分ける

7粉砕(ふんさい)

細かくくだく

8洗浄(せんじょう)

きれいに(あら)

9分離(ぶんり)

アルミなどの金属(きんぞく)を取りのぞく

フレーク

ペットボトルを8ミリ角ぐらいの大きさに切って、よく(あら)ってかわかしたもの。フレークはうすいはへんという意味。

ペレット

フレークを一度()かして小さなつぶ(じょう)加工(かこう)したもの。

各再生製品の工場へ

ペットボトルのリサイクル製品(せいひん)

繊維(せんい)

スーツや作業着

スクールバッグ

カーペット

毛布(もうふ)

シート

クリアファイル

たまごパック

食品用トレイ

PETバンド

成形(せいけい)

ペットボトル

台所用洗剤(せんざい)ボトル

ボールペン

ペットボトル
回収(かいしゅう)ボックス

ムービーを見てみよう

ペットボトルの繊維(せんい)実験(じっけん)

ペットボトルは、ポリエステル繊維(せんい)と同じ原料(げんりょう)(ポリエチレンテレフタラート=PET)で作られており、回収(かいしゅう)されたペットボトルから再生(さいせい)した原料(げんりょう)を使って、ポリエステル繊維(せんい)を作ることができます。この原理を簡単(かんたん)実験(じっけん)(たし)かめてみます。