プラスチック図書館
図書館トップ

ケミカルリサイクル

ケミカルリサイクルとは

 ケミカルリサイクルとは、廃棄物に化学的な処理をして、原料に戻してからリサイクルすることです。 使い終わったプラスチックは、油にもどしたり、ガスにして化学原料にしたり、鉄をつくるときの還元剤として利用する方法 燃料油、化学製品、コークスの代わりとして使うこともあります。

油化

 プラスチックは石油を原料に作られています。もしも、使い終わったプラスチックをすべて石油にもどせたら? 1970年代後半から廃プラスチック油化技術の開発が進められ、その技術はほぼ確立されました。

しかし大量のエネルギーを必要とすること、製品化するには原油状の生成物を再び分離・精製する工程が必要であること、さらに油化工程での発火、爆発のリスクが常にありその対策が必要なことなどから、 採算がとれず、2010年までに大型設備が撤退しました。

プラスチックの油化って?

油化システム

数字をおして動きをかくにんしてみてね!

プラスチック油化処理装置
写真:プラスチック油化処理装置
生成油
写真:生成油

■戻る■

企画・制作 一般社団法人 プラスチック循環利用協会 監修 全国小中学校環境教育研究会